Titan Soulsをクリアしました

PCゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あいさつ

こんにちは、猫見です。
今回はsteamのTitan Soulsを裏ボスまで含めて完全クリアしたのでその感想を書かせていただきます。
この記事は基本的にネタバレしてません。

猫見
猫見

ネタバレ記事は次回書きます。

Titan Soulsとは

名作「ワンダと巨像」をリスペクトして作られた2Dアクションゲームです。
主人公のもつ一本の矢だけで強大なボスを片っ端から倒していくゲーム。
シンプルながらもハードモードなども楽しめ、濃厚なゲームとなっている。

感想

いいところも悪いところもあり、インディーズゲーム感が強かった。

ボス戦

ボス戦はさまざまな工夫がされており、「矢を打つだけしかできない」というシステムでも飽きさせず惹きつけてくれる。
ただ、死にゲーなので同じボスと何度も戦い、パターンが分かるまで立ち向かう。
この性質上、一人で延々とやっているとつらくなってくる

僕は「ワンダと巨像」を友人とクリアしており、その友人とともにこのゲームを触ったためとても楽しめた。
これらのゲームは友人と交互にプレイし、倒した巨人の数を競うくらいが手頃な楽しみ方だと思う。

矢を一本しか持っていないため、「撃つ」と「それを手繰り寄せる」、という動作を繰り返すことになるが、上手なプレイヤーはこの「手繰り寄せる」という動作で敵を攻撃しているようだ。このように技術で魅せるプレイができるのはとても評価できる点だと思う。

猫見
猫見

「矢を引き寄せたらたまたま当たってボスが死んだ」という
グダグダプレイもまた一興です。

良くない点として、地面に刺さって矢が抜けなくなるなどの小さなバグがところどころに見られたことが挙げられる。突破できないストレスの中でなんども挑戦している際にふとこういうバグに当たるととてもイラッとしてしまう。

探索、マップ

次に、探索フェイズの話。
道中、ボスの居る部屋を探して広大なマップを歩く必要がある。
いわゆる「無限回廊」や「隠し階段」など、ファミコン世代の人はニヤッとしてしまうようなギミックもあり飽きさせないようになっている。

だが、全部で何体の巨人がいるかが分かりづらく、探索のストレスがあった。
セーブポイントにて周囲の巨人の数はおおよそ分かるようになっているが、そのセーブポイント自体を見落としてしまうと大変になる。

また、単純にマップがだだっ広いので探索が大変。
「ワンダと巨像」では倒す巨像の順番が決まっているため、おおよそそれを探し出せるシステムが備わっていたが、こちらでは倒す順番の自由と引き換えに索敵能力がないため苦労した。

プレイ時間

プレイ時間は表ボスまで5時間くらい、裏ボスまで7時間くらいと遊びやすくお手頃だった。
だがこのうち半分くらいは2体のボスに持ってかれたと言っても過言ではない。
ボスの得意不得意があるとプレイ時間は変わってくると思う。
クリア後にハードモード、ノーデスモード、縛りモードが開放されるため無限に遊べるタイプ。

まとめ

こんなふうに、仲のいい友達とわいわいやりながらミラクルプレイを生み出したりぐだぐだ探索するにはとても面白く、おすすめできるゲームでした。
定期的にセール価格になりますし、そのときに買って見るといいと思います。

PCゲームSteam
スポンサーリンク
スポンサーリンク
猫見をフォローする
スポンサーリンク
ガジェットオタクのミニマリズム

コメント

タイトルとURLをコピーしました