Stocardでカードの電子化を試してみてわかったこと

オンラインサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あいさつ

こんにちは、猫見です。
みなさんはどんな財布を使っていますか?
僕が次に狙っているのはこの財布なんですが・・・

こういった小さい財布を探す中で、
「あれ?キャッシュレスもだけどカードって邪魔?
って気づいたのでポイントカードを一括で管理するアプリ「stocard」を試してみました。

メリット

財布が軽くなる

もちろんですが、財布が軽くなりますし、レジで財布をガサゴソと漁る必要もなくなります。
何枚分持ち歩いても1グラムたりとも重くなりません!

猫見
猫見

カードをなくすストレスからも解放!

対象店舗が多い

対応店舗がとても多く、簡単にカードを登録できます。
対応店舗のカードを登録するとその店のロゴで表示されるため一覧から直感的に探しやすい!

非対応店舗でもバーコードとして登録できる!!

リストに店が書かれていなくても「その他のカード」からバーコードを登録できます。
バーコードを写真に撮り、店名を登録するだけでオーケー!

猫見
猫見

あくまで対象店舗ではないので失敗することもあります。

デメリット

対象店舗でも断られることが

このアプリを使ってから2回ほど利用を断られています。
まず、カラオケまねきねこ
入店時にスキャンしてもらいましたが、退店時に
「上司から怒られたから次回からはナシにしてくれ」と。

ええと・・・対象店のリストにあるのに?

猫見
猫見

じゃあなんで対象店舗の一覧にあるんだよ

断られたパターンその2。
ツルハドラッグにて
「カードでない方はお断りさせていただきます」

猫見
猫見

ツルハも対象店舗のリストに入ってるって!!!

「非対象店舗で無理やり電子カードを使おうとする」ならば怒られるのも分かりますが・・・
ちゃんとアプリとタイアップしてる企業なんですよね?

あくまで「管理人の試した時期、店舗」ですのであしからず。

まとめ

ということで便利な「カードの電子化」の光と闇でした。
わりと若い店員が多い店は読み込めるか試してくれますので
使えそうな店とそうでない店を見誤らないようにしましょう。

猫見
猫見

ブックオフの店員が一番慣れてる気がする

アプリ自体はとても使い勝手がいいのでオススメできます!
まあ・・・最終的には公式アプリを出してない店については
ポイントを諦めるのが一番早い気がしてきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました