ミニマリストは掃除をオキシクリーンで解決すると聞いたので

グッズ紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あいさつ

こんにちは、猫見です。
突然ですが、掃除って必要な道具多いですよね。

特に洗剤

食器洗い、トイレ掃除、風呂洗い、洗濯。
ミニマリスト的には多くの洗剤を持つのは億劫です。

「オキシクリーンはそんな悩みを解決する万能の洗剤です。」
そこまで言われると気になりますね。
今回、これを頂いたので試してみることにしました。

オキシクリーンとは

オキシクリーンとは家中どこでも使える酸素系漂白剤で、
漬け置きするだけでピカピカになる「#オキシ漬け」はインスタのタグになるほど流行っているらしい・・・?

猫見
猫見

どのくらい便利か試してみましょう。

実践

お風呂

今回はお風呂の床にやってみたいと思います。
キレイにする前がこちら。タイルの隙間が黒くなってしまっています。

ここにお湯をためます。
水が流れていかないよう、水を入れて縛ったビニール袋を使って栓をします。

猫見
猫見

失敗して一回全部流れていきました(笑)
慎重に蓋をしてください。

洗剤を入れていきます。
粉を先に入れ、シャワーで混ぜながらお湯を張るとまんべんなく混ざると思います。
僕は何も考えずにあとから粉を入れて失敗しました。

4時間くらい待ってみた結果がこんなかんじ。
写真だと分かりづらいですがとても汚れが落ちています

第一印象は「めっちゃきれいになってる!!!!!」で、
次に思ったことが「きれいになってないところのほうが目立つ・・・」でした。

お湯のため具合、粉の混ざり具合、温度が場所によって違ったせいでまばらになってしまったようです。

全くスポンジでこすってないのに汚れが落ちているのは本当にすごい・・・が「お湯を張って粉を溶かして放置」が思ったより面倒。なんでや。

猫見
猫見

思ったほど簡単じゃない・・・かな。

トイレ

トイレは適当に薄めた溶液をだーっと注ぎ込みます。
直で粉を入れてもうまく溶けないらしいので、あらかじめ湯で溶いてから注ぐのがいいみたい。
バケツがなかったので口を落としたペットボトルで溶かしてから注ぎ込みました。

猫見
猫見

あまり熱湯でやるとトイレが壊れるのでぬるくしてから注いでください。

こちらは分かるほどキレイにはなりませんでした。
トイレ自体が冷たいから温度が下がったのかな?

流し

流しも風呂と同じように水入りビニール袋で栓をします。

お湯を張って放置。しゅわしゅわ言ってて楽しいです。

こちらも完成。スポンジいらずでだいぶピカピカになってます。

髪の毛キャッチャー

名前わかんない(笑)
風呂の下水の蓋?も個別でオキシ漬けしてみることにしました。

バケツがないのでぬるめのお湯を注いだレジ袋にぽい。

ものっすごい泡がしゅわしゅわしてるのが分かります。

猫見
猫見

ちなみに袋に穴があったらしく
帰宅してみたら洗剤ごと空っぽになっていました。

これもこすってない割にはだいぶきれいになったかな、という感じです。

感想

ということで、色んなパターンの利用例を試してみました。
僕の感想としては

「言うほど簡単じゃない」

「ゴシゴシしなくてもそこそこ綺麗にできる」


という感じでした。
たしかにキレイになるしどんなものにも使える万能性は素晴らしいですが、
効果をきちんと発揮するにはそれなりの準備が必要みたいです。
逆に言えばきちんと用意をすれば汎用性が高い便利なクリーナーだと感じました。

こすらなくても汚れが落ちていくのは本当に快感!

今回は洗濯機や洗濯への利用を試していなかったため、次回はそちらをやってまた検証してみたいと思います。
それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました